earvins

Support

Windows10でアプリケーションのフォントがぼやける問題の対策

2016/02/29

Eiji Matsumoto松本 英次 Consulting Education

Windows10を使い始めました。
高解像度の外部ディスプレイ(1920×1080)に接続すると、このようにアプリケーションのメニューやコンテンツのフォントがぼやけて見えます。

せっかく新しいPCに変えたのに、とても見えづらく困ります。

この対策は、アプリケーションのプロパティーで行います。

アプリケーションを右クリックし、「プロパティー」を表示させます。
※Chromeの場合は「C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application」にあります。

「互換性」タブの下のほうにある「高DPI設定では画面のスケーリングを無効にする」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

一度、アプリケーションを終了させ、改めて起動すると文字フォントがくっきりします。

比較すると違いがよくわかります。
当然ですが、上が対応後の画面のハードコピーです。

Windows10(Windows8からの機能でもある)の新しい機能のひとつとして、アプリケーションのフォントをOSレベルで変更できるメリットもありますが、私はいまひとつメリットを享受できませんでした。

新しいものを触って、いろいろ試行錯誤していきたいですね。それもまた楽しいものです。