earvins

Consulting

インターネット界の最強王者Google

2016/06/16

Eiji Matsumoto松本 英次 Consulting Education

Google Inc.(グーグル)は、1998年創業。検索エンジン、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、オンライン広告といったインターネット関連のサービスと製品を提供するアメリカ合衆国の多国籍企業です。収益の多くをアドワーズ(AdWords)と呼ばれるオンライン広告から得ています(出典:Wikipedia)

世界のネット検索の王者


日本ではYahoo!の検索を使っている人も多いと思いますが、世界的にはネット検索のシェアはGoogleが67.2%と群を抜いています。世界のネット検索では断トツナンバーワンの企業です。

(2016年8月時点)
※参考:StatCounter Global Stats – Browser, OS, Search Engine including Mobile Usage Share


アドワーズは今世紀の大発明


oogleの収益の多くを占めているアドワーズ。こちらは21世紀における大発明だと言われている通り、とても利益率の高い、むしろ、原価のかからないビジネスモデルを実現しているのです。

その秘密は、ネットの中で広告主に広告料を競り方式(オークション)にしているため、もしあなたが人気の検索キーワードで広告を出そうと思うと、ライバル企業と競わなくてはいけないわけです。

ライバルより高額の金額を入札できれば、あなたの商品、サービスは検索結果の上位に表示されます。こうして、広告の価格はGoogleではなく、市場(需要と供給)で決まるのです。

Googleは街でした


「GoogleでGoogleを調べGoogleMapでGoogleの位置を調べ…」という冗談も飛び交いながら移動しましたが、それほどGoogleは私たちの生活の中に入り込んできており、とても便利で、かつ、無くてはならないサービスを提供しています。

そんなGoogleは街でした。

大きな本社建物もありますが、周辺のいたるところにあるオフィスには「Google」の看板が。あの建物も、あのビルも、このオフィスもぜんぶ「Google」でした。Googleをビジネスで訪問する時には、どの番地のどの建物かをはっきりさせていないと迷います。

移動は自転車が便利


それだけ広いGoogledですから移動は「Google Bike」と呼ばれる黄色い自転車。駐車場も広いですから、これが移動には一番速そうですね。雨の少ないカリフォルニアにもうってつけですね。

私もちょっと乗ってみました。
特にハイテクではなく、いたって普通の自転車です(笑)